年末の基本的な販促方法|喜ばれるノベルティグッズ|業者選びは慎重に行おう
ウーマン

喜ばれるノベルティグッズ|業者選びは慎重に行おう

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末の基本的な販促方法

カレンダー

使い手を考えるのが大切

年末の挨拶をするときの基本アイテムとして企業がよく制作するのが名入れカレンダーです。顧客に対して配るのが一般的な風習となっていますが、名入れカレンダーを作るからには使ってもらうという視点も持ちましょう。使い手のことを考えて名入れするカレンダーを選ぶようにすると他社に差をつけることができます。顧客のニーズに合わせてデザインすることが大切であり、どのような場面でカレンダーを使用しているかを確認した上で用意しましょう。デスクの上にカレンダーを置くデスクワーク中心のオフィスに持っていくのは卓上の名入れカレンダーが良いでしょう。個人の顧客に対してはインテリアに調和する写真やイラストをあしらった壁掛けのものが適しています。

早めの制作がポイント

名入れカレンダーを使ってもらうと考えたら早めの制作を行うようにしましょう。年末の挨拶をするために作るというのではなく、それよりも一歩早く渡すようにするのがポイントです。使い手の立場に立ってみると、良いと思えるカレンダーが手に入ったらそれを真っ先に来年のものにしようと考える場合があります。他社よりも早く名入れカレンダーを手元に届けることで有利な立場に立つことができるのです。カレンダーを一通り手に入れてからどれを使用するかを吟味するという人もいますが、そのような顧客に対してもデメリットになることはありません。早めに名入れカレンダーを作っておけばいつでも顧客に届けることができるので、年の瀬の忙しい時期を避けて作っておくようにしましょう。